忍者ブログ
題詠100首ブログ投稿一時避難ブログ(投稿不具合の為)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[01/12 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
はせがわゆづ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
4 7 6 3 2 1 5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



すべりこみ、ではありますが、完走いたしました。
ブログにて投稿に少しつまずいてしまう事がありましたが、
なんとか100首を詠むことが出来ました。
今年もたくさんのありがとうございましたを伝えたいです。
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
「見沼田圃の畔から
 マイブログ「見沼田圃の畔から」に掲載していた「一首を切り裂く」の更新を、お題「001」から「100」まで、本日午後、完了致しました。
 その記事の中には、御作について論じさせて頂いたことも多々在ると存じます。
 ご多忙中、大変失礼とは存じますが、何卒、ご一読のうえ、ご感想などをお聞かせ頂ければ幸甚と存じます。
        正月十日余り一日  鳥羽省三
NONAME URL 2010/01/12(Tue)11:38:57 [Edit]
Trackback
Trackback URL:
はせがわゆづさんのうた
はせがわゆづさんの歌から8首。 003:助 くつずれをかくして笑う小春日の坂道いつも助けられてた 005:調 ラムネ色した君の目にキスすれば調和していくスペクトルまで 014:煮 冷静に繰り返すくちづけの間に確かに煮くずれていくものたち 052:縄 縄跳びはグラウンドに残されたまま最後のひとりが放課後を終える 053:妊娠 欠片からこぼれた命を受け止めて夜毎繰り返す獏の妊娠 062:坂 口笛と一緒にあなたは坂のない町へ流れた何ももたずに 074:肩 触れていた指先ばかり思い出す 肩口に残っ...
URL 2009/12/05(Sat)20:54:03
はせがわゆづさんの歌
題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 はせがわゆづさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 020:貧 けだるげに笑う真昼のベランダで貧血だったきみのくちびる 024:天ぷら 飛び跳ねた天ぷら油に映りこむやさしく結われた髪の一房 ☆047:警 遠巻きに警戒心をあびている 月を映した野良猫がなく 068:秋刀魚 紆余曲折経てひとりきりくろこげの秋刀魚を前に懺悔している ...
URL 2009/12/08(Tue)20:18:37

Copyright © 迷走ランドセル All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]